観光客で賑わう高野山九度山の真田庵と周辺の駐車場

高野山へと繋がる国道370号線、その山麓にある九度山町には真田家ゆかりの真田庵があります。

正式名称は善名称院(ぜんみょうしょういん)で、関ヶ原の戦いに敗れた真田昌幸・信繁(幸村)親子が蟄居(ちっきょ)された草庵跡に建てられた高野山真言宗の寺院です。

真田庵(善名称院)
真田庵(善名称院) 出典:トリップアドバイザー

実は、真田父子はここ真田庵に閉じ込められる前には高野山の蓮華定院に蟄居されていました。

しかし高野山の冬は厳しいため、麓の九度山に下りてきてこの地に草庵を建て過ごしたそうです。

今の善名称院(真田庵)は、父真田昌幸が亡くなった後その草庵跡に建てられた寺院です。

ご本尊に延命子安地蔵菩薩様が祀られています。

真田庵山門
真田庵山門 出典:トリップアドバイザー
真田地主大権現
真田地主大権現(真田昌幸公霊台) 
出典:トリップアドバイザー
真田庵お堂
真田庵お堂 出典:トリップアドバイザー

真田庵周辺の駐車場地図

真田庵は南海高野線に沿って走る国道370号線沿いを高野山に行く途中、県道13号線に入った所にあります。

電車で行くと南海高野線・九度山が最寄り駅になります。

共有先:大河ドラマ「真田丸」くどやま推進協議会

真田庵周辺の観光情報

真田庵周辺には、NHKの大河ドラマ『真田丸』の人気にともない真田宝物資料館が開館、平成28年3月には『九度山・真田ミュージアム』がオープンし、真田庵で14年暮らした真田幸村の生活をパネル展示しドラマ仕立ての映像でも紹介しています。

また、平成28年3月13日(日)~平成29年2月28日(火)にかけて、NHK大河ドラマ『真田丸』出演者のパネルや衣装、小道具などを展示している大河ドラマ展が開催中です。

また、真田庵周辺の真田家にまつわる名所として、真田地主大権現、与謝蕪村の句碑、真田古墳があります。

その他にも九度山の観光スポットに、旧萱野家 大石順教尼の記念館や松山常次郎記念館、少し離れて絶景が見れる高野山町石道 展望台など真田家ゆかりの史跡だけではなく、じっくりと楽しめる名所がたくさんあります。

真田庵をはじめ九度山の観光案内はこちらのサイトをご覧ください。

⇨九度山町観光情報

⇨大河ドラマ「真田丸」くどやま推進協議会