毎年8月13日はろうそく祭りで夜の奥の院参道が幻想的な風景に

高野山の年間行事はたくさんありますが、その中の一つに一般の方も参加のできるろうそく祭りがあります。

このろうそく祭りは萬燈供養会(まんどうくようえ)と呼ばれ、毎年8月13日の先祖をはじめすべての霊を供養する催しで、一の橋から奥の院弘法大師御廟まで2kmの参道両側の約10万本のろうそくが一斉に灯され、その光の川はまさに幽玄の世界に入ったかの感覚になります。

奥の院ろうそく祭り

奥の院ろうそく祭り

この日は、午後7時より一の橋の案内所にて一般の人にろうそくが配られ参加ができます。

また、夜8時からは奥の院燈籠堂にて山内の僧侶による萬燈供養会が行われます。

参加を希望される方はお泊まりの宿坊などで聞いてみるといいでしょう。

Youtubeにろうそく祭りの動画があったのでアップしておきます。

どうやら雨だったらしいのですが、幽玄な空気はあじわえてそうです。

このろうそく祭りは奥の院表参道での催しなので車での規制はありませんが、一の橋の有料駐車場は利用できなくなります。

しかし、このすぐ近くには駐車場はないし、始まりが夜の7時からなので宿坊に泊まるのがベストでしょう。

一の橋近くには清浄心院、宝善院、赤松院などがありますが、どこも楽天トラベルやじゃらんなどのサイトから予約をすることが可能です。

おすすめは楽天トラベルで、楽天でカードを作って支払いをするとポイントが貯まり楽天市場でお買い物に使うことができるのでいつも利用しています。

楽天のカードはバイトの方でも主婦の方でも作ることができるので便利ですよ。

実は大きな声で言えませんが、無職の管理人でも楽天カードを作ることができました。

今なら新規加入で5000円分のポイントが貰えるみたいです。

(実はこのポイント、もっと多い時もあるんですが何時とかは決まっていないのが残念です…)


>>楽天トラベルはこちら