『夏休み』に高野山に行くなら8月13日の『ろうそく祭り』がおすすめ

夏休みが近づいてきましたが、もし夏季休暇を利用して高野山に行くなら8月13日の『ろうそく祭り』がおすすめです。
『ろうそく祭り』は正式には『萬燈供養会(まんどうくようえ)』と言われ、お盆にご先祖様をはじめ奥の院に眠る全ての御霊をご供養する行事です。
この日は、一の橋から奥の院までの約2kmの参道をろうそくの火で灯され、まるで幽玄の世界に飛び込んだかな幻想的な雰囲気を体験することができます。

93905896
出典:http://www.zyouzyou.com/657/

CMTSRS0VAAAErbi
出典:https://twitter.com/shinseyes/status/631861043711447041

このろうそく祭りは一般の方も参加することができ、当日の夜7:00より一の橋の受付テントでロウソクをいただくことができ、それに火を灯してご先祖様への供養をすることができます。
また、夜8:00からは奥之院燈籠堂にて法要が行われます。
詳しいことは『高野山総本山金剛峯寺』のホームページをご覧ください。

なお、この日はかなりの人出があります。
高野山内の宿坊で『るるぶ』や『じゃらん』といったサイトから8月13日に宿泊できるのは、今、この記事を書いている時点(7月12日)で確認をしたところ、少し離れてしまいますが福智院さんだけでした。
それも『るるぶトラベル』だけで、和室8畳+洋室8畳の特別室しか空きがありません。
少し高いのですが、このお部屋はなんと客室内にお風呂があるそうです。
ただし、この部屋もほぼ満室状態、いつ無くなるか分かりません。

福智院-6-トリップアドバイザー
出典:トリップアドバイザー