南海フェリーの割引はコンビニで買うのが手っ取り早い

四国から高野山に行くには高速道路を利用するよりも、徳島から和歌山に渡る南海フェリーが便利です。

何といっても、大阪を経由しなくていいので行くのが楽ちん、フェリーの時間は約2時間なので時間的にもおすすめです。

料金の方は、軽自動車やヴィッツなどの小型車の4m未満だと運転手1名を含めて片道7600円、 プリウスなどの5m未満の中型車なら9600円、レクサスなどの大型車だと11300円します。

当然ですが同乗者がいたら、 大人1人につき2000円がかかります。

katsuragi

例えば管理人のいる徳島から阪和自動車道の和歌山インターチェンジまでETCの休日割引で一番安いルートなら普通自動車で4640円(2016年8月現在)、時間にして2時間40分余かかります。

確かに高速を利用したのに比べて高くはつきますが、運転の疲労や高速での渋滞や事故、正確な移動時間などを考えると決して高いものではないと思います。それに少しですがガソリン代も浮きますしね。

南海フェリーの割引き

南海フェリーには割引があるのでそれを使えば少し安くなります。

南海フェリーの公式サイトにも書いていますが、 JAFの会員だと優待割引で車両と同乗者がそれぞれ1割引になります。(中型車両9600円?8640円、同乗者2000円?1800円)

また、5枚つづりの回数券だと9600円?7680円になります。(4ヶ月以内で車両のみ)

もし車を利用しないならフェリーとバスをセットにした高野山までの往復の得々運賃もあります。

詳しいことはこちらの南海フェリー公式サイトで確認してください。

実はそれとは別に、旅行サイトのH.I.Sから20%割引のクーポンが1日20組限定でもらえます。

まだまだ割引はあって、先ほどの公式サイトの割引はJAFの会員限定でしたが、同じ1割引きのチケットを旅行サイトのJTBから入手することができます。

もっと簡単なのが、みなさんのお近くのコンビニで南海フェリーのチケットを購入する方法です。

ローソン / セブン・イレブン / ファミリーマート / サークルK・サンクスのあるコンビニの各端末にはJTBのメニューがあるので、そこから南海フェリーの割引チケットを購入することができます。

各端末にはメニューが多いので探すのに悩むと思うので、コンビニの定員さんに聞いたほうが早いです。

でも、管理人もコンビニで買ったのですが、その定員さんもめったにない事らしく探していましたが…。笑)

なお、サイトやコンビニで購入したチケットやクーポンはそれだけでは利用できません。

南海フェリーの営業所で車検証と一緒に提示して、公式の船券に交換してもらうようになります。

そのまま乗船場の方に行かないようにして下さいね。

ちょっと一言…
車の運転をしていると足が蒸れてきませんか?
実は自分も結構に臭うほうで、靴を脱いだ時にかなり気になるので買ってみました。
旅行なんかに行くにはもってこいのサイズだし、かなり消臭時間が長いのでおすすめします。