高野山に行く前に持っておきたいパンフレット

これから高野山に行こうと思っている方にパンフレットのご紹介をします。

というのも、実は管理人も今日始めてこんなパンフレットがあるんだと知りました。

パンフレットなんて現地に行かないと手にはいらない物だと思いこんでいたんですね。

しかし、プリンターさえあれば自宅でも印刷して持っておくことができるので是非どうそ。

pdf
パンフレットのキャプチャ画像

パンフレットのダウンロードはこちら

ちなみに、このパンフレットはPDFファイルになっています。

Windowsのパソコンだと見えると思うのですが、もしファイルを開けない場合にはアドビのソフトなどが必要になります。

ファイルを見たり印刷するだけな無料のソフトで十分なのでダウンロードして下さいね。

アドビのAdobe Acrobat Reader DC ソフトウェア(無料)

印刷は紙質のいい物を選ぶとパンフレットぽくなって良いですよ。

コピー用紙だと美しくないです。

さて、このパンフレットは高野山に行くときに利用する南海電鉄さんが作っています。

パンフレットの中に「世界遺産高野山を歩く」と題して、その世界遺産リストに登録されている建造物などが紹介されています。

高野山はかなり広くて見ておきたい所がいっぱいあるので前もって行きたい場所を決めるのにいいですよ。

世界遺産リストに登録されている物件

壇上伽藍(だんじょうがらん)

  • 根本大塔(こんぽんだいとう)
  • 金堂(こんどう)
  • 御影堂(みえどう)
  • 不動堂(ふどうどう)
  • 西塔(さいとう)
  • 東塔(とうとう)
  • 中門(ちゅうもん)

奥の院(おくのいん)

  • 参道(さんどう)
  • 奥の院御廟(おくのいんごびょう)
  • 燈籠堂(とうろうどう)

他のエリア

  • 大門(だいもん)
  • 霊宝館(れいほうかん)
  • 金剛峯寺(こんごうぶじ)
  • 金剛三昧院(こんごうさんまいいん)
  • 女人堂(にょにんどう)
  • 徳川家霊台(とくがわけれいだい)
  • 苅萱堂(かるかやどう)

高野山日帰り観光コース

先程のパンフレットを実際に見ていただくと分かるのですが、高野山巡りのモデルコースも載っています。

さすがに上の世界遺産リストをすべて巡るには1日では無理ですが、大阪から日帰りで見て回れる観光コースになっています。

電車で行かれる方は参考にしてみてはどうでしょうか?

もちろん、車で行かれる方も参考になりますよ。

高野山巡りの日帰りモデルコース

高野山駅
↓(バス)
奥の院
↓(バス)
金剛峯寺
↓(徒歩)
蛇腹道(じゃばらみち)
↓(徒歩)
壇上伽藍
↓(徒歩)
大門
↓(徒歩)
霊宝館
↓(バス)
高野山駅

高野山の主な観光名所を1日で巡れますが、もし1泊することができるならば世界遺産にも登録されている宿坊の金剛三昧院なんてどうでしょうか。

ここは源頼朝の妻、北条政子が夫と息子の菩提を弔うために建てたと言われています。

歴史的文化財が数多く残されており、日本で2番目に古いと言われている多宝塔は国宝にもなっています。

また、境内にあるシャクナゲは国の天然記念物にも指定されており、例年5月中旬には見頃を迎えます。

今年(2016年)の6月にリニューアルオープンされたお風呂は高野山の湧き水を使っているそうで、小さな子供やお年寄りには嬉しいトイレ付きのお部屋もあるそうですよ。