execOnReady(function(){});

高野山の宿坊は高すぎる!昔ながらのお籠もりができる恵光院

2017年3月27日宿坊

高野山の宿坊に泊まろうと予約サイトを見たところ、2名1室一人あたり1万数千円~、え~、宿坊ってこんだけするの?なんて思ったことはありませんか。

1万数千円ならまだ安い方、高い宿坊だと特別室だとかで5万円オーバーなんてお寺まであります。

宿坊って参拝者が安く泊まるためお寺じゃないの?なんて思っていたら大間違い、今や完全に観光地化してしまっている高野山の殆どの宿坊はホテル並みの料金が必要です。

お籠もりができる宿坊 恵光院

そんな中、昔からある「お籠もり」ができる宿坊があるので紹介します。

お籠もり(おこもり)とは、ある一定の間、神社やお寺に泊まって祈願することを言うのですが、昔は参拝にきた見知らぬ人どうしが同じ部屋に泊まってお参りに行っていたんですね、これが元来の宿坊の姿なんですよ。

そんなお籠もりができる宿坊が恵光院です。

恵光院
出典:トリップアドバイザー

恵光院のお籠もりプラン

恵光院では男性は男性どうし、女性は女性どうしの相部屋によるお籠もりプランというのがあります。

ただし、毎日というわけではないようで、お籠もりで泊まれるのは毎月21日のお大師さまの日の前日、毎月20日のみの限定になっています。

 

このお籠もりプランは相部屋とは言え、簡単な1汁1菜の精進料理が朝、夕2食ついています。

また、僧侶の案内による夜半の奥の院へ参拝に行く夜参りもあります。

気になる宿泊料金は、これを書いている平成29年3月現在で5400円(税込)となっています。

実際にお籠もりで宿泊された方のブログを見てみると、1汁1菜の精進料理とはあったが十分なお品で、夜参りにはご住職が案内をしてくれたそうです。

 

お籠もりは、お大師さまをお参りに行く人どうしが同じ部屋で語り合い、触れ合うことができるの上、料金もかなり安いので参拝者にとって良いのではないでしょうか。

しかし、プライベートが優先される現代において、1部屋に大勢の知らない人が泊まるのには気が進まない人は多いかもしれないですね。

とは言え、お籠もりは元来の宿坊の姿、旅は道連れ…とも言いますが昔ながらの宿坊の雰囲気を体験してみてはどうでしょうか。

何と言っても宿泊代がかなり安くつきますしね。

宿坊 恵光院の案内

※画像をクリックするとGoogleのストリートビューで見れます。

宿坊恵光院は奥の院表参道一の橋まで歩いて2分ほどの国道371号線沿いにあります。

周辺には刈萱道心と石童丸の物語で有名な刈萱堂があったり、食事処や喫茶店、お土産屋さんやなどが並んでいるので観光にも便利です。

恵光院の魅力は宿泊すると無料で阿字観や写経体験、奥の院夜参りができるところです。

寺院名宿坊 準別格本山 恵光院
写真
住所〒648-0211
和歌山県伊都郡高野町高野山497
0736-56-2514
FAX0736-56-2891
URLhttp://www.ekoin.jp/
チェックイン14:00~22:00
チェックアウト~10:00
駐車場乗用車30台 無料 先着順
アクセス南海『難波駅』より南海電鉄高野線『高野山駅』
南海りんかんバス「刈萱堂前」下車、徒歩2分
お部屋和室全35部屋
バス・トイレ付き1室
トイレ付き1室
他はバス・トイレ共用
リニューアル等により部屋が変わることがあります。

宿泊予約