execOnReady(function(){});

高野山のご利益スポット三鈷の松とは?見つけたあなたは幸せ者!

ご利益スポット

高野山の二大聖地の一つ、壇上伽藍には「三鈷の松」と呼ばれている大きな松の木があります。

実はこの松の木、弘法大師と真言密教にまつわるある言い伝えが隠されています。

さらに、この松の葉っぱを持っていると幸せになれるというご利益もあるんです。

三鈷の松

三鈷の松とは?

そもそも、この松の木はなぜ「三鈷の松(さんこのまつ)」と呼ばれているのでしょうか?

それは弘法大師こと空海がまだ31歳と若かりしころ、唐に仏教を学びに行った時の話からその名前の由来が始まります。

空海は歴史の教科書にも出てくる「遣唐使」の留学僧として唐に渡り、般若三蔵と恵果和尚に師事し密教の教えを受けます。

全ての修業を終え日本に帰国することになった空海は、日本の何処で真言密教の寺院を建てればいいのかと願いを込めて密教法具の一つ「三鈷杵(さんこしょ)」を明州の浜から東の空に投げます。

空海
※2016年6月28日放送の所さんのニッポンの出番より

すると三鈷杵は日本に向かって勢いよく飛んでいきました。

その後、帰国した空海がその三鈷杵を探して旅をしていたところ発見したのが壇上伽藍にあるこの松の木だったんです。

それ以来、この松の木は「三鈷の松」と呼ばれるようになったと言い伝えられています。

三鈷の松
※2016年6月28日放送の所さんのニッポンの出番より

三鈷の松のご利益とは?

三鈷の松

写真を見ると、何だか皆さん松の木を見るのではなく下の方で一生懸命に何かを探しているようです。

実はこの三鈷の松、不思議な事に3本の葉が出た葉っぱが見つかることがあるんです。

この三本の葉っぱを見つけることができたら弘法大師のご利益を授かることができ幸せになれるとされています。

三鈷の松
※2016年6月28日放送の所さんのニッポンの出番より

でも、この葉っぱが見つかることは滅多にありません、見つけれたあなたは非常にラッキーですよ。

これも知らないで行ったら、みんな地面を見て何しているんだろうと不思議に思いますよね。

高野山にはこんな歴史にまつわるご利益スポットがまだまだたくさんあります。