execOnReady(function(){});

福島県の猪苗代湖伝説

空海伝説

福島県のほぼ中央部にある日本で4番目に大きい湖、猪苗代湖(いなわしろこ)は空海にまつわるちょっと恐ろしい伝説があります。

全国でも有数の標高の高いとろこにある猪苗代湖、いったいどんな空海伝説があるのでしょうか?

猪苗代湖と磐梯山
猪苗代湖と磐梯山

猪苗代湖伝説

弘法大師こと空海は日本中を行脚(あんぎゃ)していたことは有名ですが、ここ福島にも訪れていました。

この地を通り過ぎる時に、磯を織っていた女の人に水を分けてもらおうとしましたが断られてしまいます。しかたなく、別の村まで行くと米をといでいた翁という貧しい女の人と出会います。

空海がそのとぎ水をもらえないかと伺ったところ、快く飲ませてもらうことができました。

その翌日、何と磐梯山(ばんだいさん)が噴火し、周囲にあった52の村が陥没して湖底の中に沈んでしまったのですが、米のとぎ水をくれた女の人の家だけは沈まずに島となって残り、これが今の扇島だと言い伝えられています。

いやいや、空海にまつわる伝説にはこんなことが多く、ある意味少しばかり恐ろしさもあります。

磐梯山の巨人伝説

実は、先ほどの磐梯山にも空海にまつわる伝説が残っています。

磐梯山には「手長」「足長」という夫婦の巨人の妖怪がいたのだそうです。

この二人の巨人、嵐をおこしたり洪水を起こしたりと何かと悪さをしていたそうです。

そこへ諸国行脚の途中の空海が、困っていた村人を見てその二人の妖怪にあって話をしようと「手長」「足長」の棲み家へと行きます。

そこから空海と巨人妖怪との駆け引きが始まります。

空海は巨大な妖怪に「何でもできるらしいができないこともあるだろう」と挑発、それに怒った妖怪は「できないものはない」と反発します。

そこで空海は、「ならば小さくなってみせよ」と言うと、そんなことは容易いことだと妖怪は小さくなります。

しかし空海は、「何だそこまでか大したことがないな、この壺に入れるくらい小さくなれないのか」とまたもや挑発、それに乗ってしまった妖怪は更に小さくなり壺の中に入ったところで蓋をして閉じ込めてしまいます。

その後、壺は山頂に埋められ封印されて「磐梯明神」を祀ったと言い伝えられています。