高野山の夏の風物詩・万燈供養会ろうそく祭り

高野山の夏の風物詩・万燈供養会ろうそく祭り

高野山では毎年8月13日のお盆の夜に、万燈供養会(まんとうくようえ)、通称ろうそく祭りと呼ばれる先祖の御霊を供養する一大行事が執り行われます。

奥の院表参道一の橋から弘法大師御廟までのおよそ2kmの参道の両側に約10万本ものろうそくが灯され、その幻想的な雰囲気に魅了されます。

スポンサードサーチ

万燈供養会とは?

万燈供養会(まんとうくようえ)とは、先祖をはじめ奥の院にねむる全ての御霊の供養をする行事で、一の橋から弘法大師御廟までのおよそ2kmの参道両端にろうそくが灯されることからろうそく祭りとも呼ばれています。

午後7時よりろうそくの火が灯され、午後8時には奥の院燈籠堂にて万燈供養会の法要が厳かに執り行われます。

観光客も含めた参詣者の手によって灯されたろうそくの灯りは約10万本とも言われていて、夜の奥の院はよりいっそう幻想的に雰囲気に包まれます。

ろうそく祭り

午後7時~8時30分まで(一般参加可)

万燈供養会

午後8時より、奥の院燈籠堂にて営まれます。

一般人の参加方法

ろうそく祭り

ろうそく祭りは午後7時よりはじまります。

一般の人の参加も可能で、奥の院一の橋に受付のテントが張られ無料でろうそくが配られます。

周辺はかなり混雑するので、徒歩か公共の交通機関を利用して下さい。

車で行かれる方は、中の橋駐車場には夜店が出るため2階部分しか止めることができませんので注意して下さい。

万燈供養会の問い合わせは下記の高野町役場まで。

〒648-0281

和歌山県伊都郡高野町大字高野山636番地

高野町役場

Tel:0736-56-3000(代)

Fax:0736-56-4745

スポンサードサーチ

高野山の宿泊施設

高野山には52の宿坊があり、そのうちの50寺院ほどが一般の人も宿泊できるようになっています。

受付ができる一の橋に近い宿坊もいくつかありますが、万燈供養会ろうそく祭りは高野山でも有名な一大行事となっているのでのかなり前より予約をしないと空きがありません。

高野山には宿坊の他に、数少ないながら旅館やゲストハウスなどもありますが何処もすぐに満室になるようです。

一の橋に近い宿坊に泊まれたら一番いいのですがねえ。

高野山周辺の宿泊施設

万燈供養会ろうそく祭りの当日、高野山の宿坊などの予約ができなかった場合は麓にある町の旅館やホテルで泊まるしかないでしょう。

高野山からおよそ14km離れた橋本市にあるホテル ルートイン橋本とか、およそ16km離れたかつらぎ町にあるかつらぎ温泉八風の湯なんかが有名ですが、車で行かれる人はホテルや旅館に車をおいて電車で行くほうがいいでしょう。

高野山周辺の旅館やホテルなどの情報は少ないですが下記のページをご覧ください。

テレビコマーシャルで有名なトリバゴなんかだと、色んな宿泊施設を一度に検索できるので便利ではあります。

トリバゴで検索するときは↓をクリック(*^^*)