execOnReady(function(){});

高野山の駐車場がたくさん載っている地図

2015年4月18日駐車場

高野山の駐車場探しは下調べが重要

高野山に車で行こうとなると調べておきたいのが駐車場です。

実は管理人も車で行ったのですが、前もって調べていなかったので現地で本当に困りました。

そもそも行った時期が悪かった…ちょうど高野山開創1200年の真っ只中、観光バスや乗用車で一杯で駐車場を探すどころか渋滞の列で進むのものろのろ状態、駐車場なんて探している余裕すらありませんでした。

これから行かれる方はどの辺りに駐車場があるのか前もって知っておいたほうがいいですよ。

高野山内の駐車場マップ

高野山は広いように思えるのですが、大門から奥の院前(中の橋)まで東西に4kmほどしかありません。

健康な方なら歩いても1時間くらいで行ける距離ですが、色々と拝観しているとかなりの時間がかかるし、どうしても見に行きたい場所の近くの駐車場に車を駐めたいですよね。

そこで駐車場探しとなるのですが、ナビで検索しても駐車場は金剛峯寺前くらいしか出てこないと思います。

これから高野山に行かれるなら、高野町役場のサイトにあるこちらの駐車場マップを印刷して持っていって下さい。

駐車場マップ

多分、見にくいと思いますので高野山町役場のサイトよりダウンロードしてください。

イメージマップなので大体の位置しか分かりませんが、これがあるのと無いのでは大違い、特に混雑時の駐車場探しには絶対に役立つはずです。

ただし、高野山の駐車場はこのマップ以外にもあります。

そこで管理人が作成した高野山の駐車場マップを載せておくので参考にしてくださいね。

番号の付いたマークをクリックすると説明が表示されるので、マップコード対応のカーナビをお持ちの方はその番号を入力して下さい。

高野山に行くのに持っていきたい本

ところで、高野山に行って何処を見ようか決めているでしょうか?

高野山がいくら狭いとは言え現存している寺院だけで117もありますし、空海が一番最初に道場を開いた壇上伽藍だけでも建物などが20ヵ所以上、奥の院になるとその参道は弘法大師御廟まで約2kmもあり有名な戦国武将の墓などたくさんあります。

有名な場所だけでもこれだけ見どころがあるので、まず前もって下調べをしておかないといきなり現地に行ったのでは観光どころか見るべき所さえ分かりません。

そこで、そんな時に管理人おすすめなのが、るるぶの高野山という旅行雑誌です。

これです↓ ↓ ↓
るるぶ高野山 (るるぶ情報版(国内))
るるぶ高野山 (るるぶ情報版(国内))

管理人も買いましたが、高野山の観光スポットや御食事処、お土産屋さん、さらに宿坊寺院の紹介やおすすめの観光コースなどなど、見るだけでも楽しめる内容になっています。

但しこの本は高野山開創1200年に合わせて発行されたものなので今では書店には並んでいません。

しかし、アマゾンでは今でも買えるので持っておいてもジャマにはならないと思います。

高野山の宿坊に泊まるのもおすすめの1つ

高野山は見るところが多いので、できれば1泊してゆっくりと見て廻るのがおすすめです。

ただ、宿坊と言えばお寺にある古びた宿のイメージがありました。

実際、管理人は徳島の四国八十八箇所霊場第十九番札所・立江寺に仕事で行く機会があったのですが、宿のところは改装・改築されて綺麗になっているとは言え、古い建屋の部屋はボロボロでした。

しかし、近年の高野山は参拝者だけではなく観光目的で来る人が急激に増えています。

そのせいかどうかは分かりませんが、山内にある主な宿坊は近代的な設備を整えホテル並み、いやそれ以上のお寺まであります。

1日だと忙しくて思い出に残るような拝観はできないでしょうから、そんな宿坊に泊まるのもおすすめですよ。


普門院

宿坊の口コミや予約は楽天トラベルから見ることができます。

こっちのたびノートだと高野山周辺の案内も見れますよ。