妊娠中にカンジダになりやすい理由

悩ましい女性

カンジダ膣炎は女性の5人に1人が経験すると言われています。
特に妊娠中はカンジダになりやすいのですがどうしてだと思いますか?

 

答えは大きく2つの要因があります。
その一つは、妊娠によってホルモンバランスが崩れることです。
もう一つは、妊娠中は何かと体力の消耗が激しいため免疫力が低下してしまうからです。

 

そもそもカンジダ膣炎という病気はカンジダ菌という菌が増殖するから起きてしまいます。
通常だと女性の膣の中は乳酸菌によって酸性になっていて、そのおかげでカンジダ菌などの変な菌が悪さをしないように抑えています。
ところが、先ほどのようにホルモンバランスが崩れたり、免疫力が低下したりするとその酸性がアルカリ性に変わり色んな菌が繁殖、増殖してしまうのです。
もちろん、カンジダ菌もその一つでそれによって強い痒みが出たり乳白色のカッテージチーズみたいなおりものが出たりするのです。

 

妊娠中は薬で治療しても再発しやすいのは、免疫力の低下による要因が大きいです。
免疫力が低下しているから薬を使っても治ったように見えても再びカンジダ菌が増殖してしまい再発するのです。
ここに、カンジダの治療や再発しにくくする方法の秘密が隠されています。

妊娠中にカンジダ膣炎になりにくいカラダつくり

妊娠すると食事内容が変わってきたり、日常の生活習慣にも変化が起きてきます。
ホルモンバランスが崩れてと言ってしまうとそれまでですが、こればかりはどうしようもないことなのは妊娠した方ならばよく分かっていると思います。
それではどうすればカンジダ膣炎になりにくいカラダつくりができるかというと、先ほど説明したように膣内を酸性してあげればカンジダ菌の増殖を防ぐことができます。

 

膣内を酸性にしているのは乳酸菌、つまり、できるだけ乳酸菌が多く含まれた食材を摂ることによってカンジダ菌を抑制できるようになるのです。
これは昔からの民間療法でもあり、今でもカンジダ膣炎の予防として有効な方法だと言われています。
また、最近ではある種のハーブにも同様の効果が高いと言われています。

 

乳酸菌の多く含まれている食材

ヨーグルト

最近はテレビや雑誌などで乳酸菌による病気の予防などが取り沙汰されていますが、カンジダ膣炎もその中の一つでしょう。
その乳酸菌と言えば真っ先に思い浮かぶのがヨーグルトやチーズなどではないでしょうか?

 

確かにヨーグルトなんかは最近の乳酸菌ブームでドラッグストアだけではなく、スーパーやコンビニでもたくさん出回っています。しかし、ちょっと買い物ついでにヨーグルトの成分表を見てもらうと分かるのですが、ほとんどが低糖質となっていて糖分が含まれています。
実はカンジダ菌はこの糖分が大好物、エサとなって逆にカンジダを増殖させることになりかねないので注意が必要です。
また、乳酸菌でも体に良いとされているのはヨーグルトのような動物性乳酸菌ではなく植物性乳酸菌なんです。

 

植物性乳酸菌と言われてもパッと思い浮かばないかもしれませんが、これには皆さんが思いのよらない食材があって、その中でも代表的なのが日本人には欠かすことのできないお味噌があります。
そう、朝夕の食事にはほとんど出てくるお味噌汁の元になるお味噌です。
この他にも醤油や漬物、キムチのような発酵食品にも乳酸菌が多く含まれていてカンジダ予防になります。

 

一方で、昔から直接ヨーグルトを膣内に入れるヨーグルト療法というのもあります。
これはあくまでも民間療法なのですが、お医者さんの中にも推奨している方もおられます。

 

最近流行りのハーブの効果

乳酸菌がカンジダの予防になるとされてきたのは結構古い見解です。
ですが、最近になってハーブにもそのような効果があると言われています。
ハーブと言っても種類は多く、どれでも良いというわけではありません。
下のようなハーブにはカンジダ予防や治癒効果があるとされています。

 

パウダルコ

パウダルコ

パウダルコは中南米を原産とする大きな樹で、別名タヒボとも呼ばれています。
その樹の皮から作られるハーブは、抗炎症作用や抗菌・抗真菌作用があって昔からカンジダ治療に使われてきました。
パウダルコの中に含まれるラパコールという成分はカンジダ菌を除菌してくれると考えられています。
また、パウダルコは免疫力をアップする作用もあるのでカンジダの再発予防にピッタリです。

オレガノ

オレガノ

オレガノは料理によく使われるハーブですが、これには抗菌・抗真菌作用や抗炎症作用があり昔から感染症の治療などに使われてきました。
カンジダ菌は真菌なので抗真菌作用によって除菌することができ、抗炎症作用でその症状を和らげる効果が期待できます。
ただし、オレガノを料理として摂るには量的に不足で、濃縮されたオレガノオイルで補うのがいいでしょう。

ブラックウォルナット

ブラックウォルナット

ブラックウォルナットとは黒クルミのことで、一般的には殻の中の実を食べますが外皮の部分がハーブとして使われます。
古代ローマ時代から健康食品として使われてきたくらいで、腸内環境を整え殺菌作用があります。
腸内環境を整えることでカンジダ菌などの悪玉菌を抑制する効果があります。

カンジダを薬を使わずに治す方法

いくら乳酸菌やハーブがいいといわれても毎日摂るのは難しいものです。
いろいろ調べていると、サプリメント先進国アメリカではお医者さんがカンジダ治療に推奨しているサプリメントがあって、実際に試したところ1週間ちょっとでカンジダの症状が治まり再発もしなくなったのでシェアします。

 

そもそも薬を使ってもカンジダ菌を抑える効果はありません。あくまでもその治療は一時的にかゆみなどの症状を緩和するものであって、カンジダ菌を撃退するといったものではないのです。

カンジダ専用として日本に初上陸してから人気の高いサプリメント

カンジダ(女性)完治セット
カンジダ(女性)完治セット

カンジダ症の治療と再発予防に欠かせないサプリメント。天然ハーブによる抗真菌、抗炎症作用などでカンジダ菌を撃退、デーデルライン桿菌でカンジダ症の再発を予防します。

オススメ

 

カンジダクリアスーパー
カンジダクリアスーパー

ワームウッドやオレガノ、ブラックウォルナットなど5つの天然ハーブによる殺菌作用や整腸作用、抗真菌、抗炎症作用などによってカンジダの炎症を抑えたり、カンジタ菌の感染を抑える働きがあります。

オススメ

 

フェミプロバイオ
フェミプロバイオ

乳酸菌の中でも膣内に存在するデーデルライン桿菌が含まれています。デーデルライン桿菌が膣内を酸性に保ちカンジダ菌の増殖を防いでくれます。

オススメ

 

カンジダ膣炎を薬で使わずに治すにはこの2つのサプリメントを摂るのが理想ですが、とにかく治療を優先したい方はカンジダクリアスーパーだけでもいいでしょう。
上の写真では2つ合わせてカンジダ(女性)完治セットとなっていますが、それぞれ個別に買えるようになっています。

 

妊娠中のカンジダは胎児には影響はありません。
ですが、出産時にカンジダ膣炎にかかっていると生まれてくる赤ちゃんに感染する可能性があります。
そうならないためにも、このサプリメントで治療してカンジダ菌に負けない強いカラダつくりをしまよう。

 

>カンジダ(女性)完治セットの詳細はこちら